fc2ブログ

Article

        

おたまじゃくしレポート

2007/ 06/ 14
                 
おたまじゃくし火曜日に帰宅して水槽を見たら、ちゃんと7匹いたおたまじゃくし。翌朝見ると、1、2、3、4、5、6…一匹足りない…
えええええ?!
ちょろちょろとよく動くので何度も数えましたが、やはり6匹。誰じゃー食べたのはー!!
            

実は火曜の夜に眺めていたときに、大きいのが小さいのを追い回しているように見えなくもなかった。お前か…?
ごはん粒が沈んでたのに…。そう、あまり食べている様子はなく。よく上のほうや壁をツンツンしてるから、底は見えないのかなあ。底に沈んでいる黒いものはフンだと思われますが、これは増えている気がします。ということは、なにかを食べてるんだよね。

まだ田んぼの水が入っており、よーく見るとダニのような小さな白い粒がピンピン動いている。そういう微生物を食べてるのかしら?
うー残念…悲しい…。それにしてもきれいさっぱり、残骸もないんです。しっぽまで全部食べちゃったんですかねえ…。

昨日の朝は、薄く輪切りにしたきゅうりをあげてみました。壁にくっつくように縦に浮いた。おお、つんつんしてます!
夫によると、いちばん大きいのがよくつついていたようです。ていうか、ひとりじめ、他を寄せ付けない雰囲気っていうか…。


さて、帰宅するとちゃんと6匹。でもきゅうりを入れたから? 水が白くにごった。
というわけで、水をかえてみた。ちゃんとくみ置きを使いましたよ。大丈夫だとおもうのですが。観察すると、いちばん小さいの×2がなんだか元気ない。水槽を叩いたりすると一応動くけれど、ほっとくとぽや~ん…。
これは…消えるかもな…

一晩たって先程見ましたところ、あーあーあー、小さいの×2が動かなくなっていました…。食べられはしなかったのね。小さいとやっぱり弱い=育てにくいのかしら。
というわけでただいま4匹。元気は元気です。うーむ、なんか、どんどん淘汰されていく予感が…。ははははは。1匹でも上陸できれば御の字?! やだやだー! 4匹がんばれー!


ところで、カエルツボカビ症!

↓6/11 MSN毎日新聞インタラクティブより
ツボカビ:野生のウシガエルに感染確認
 宇根有美麻布大准教授(獣医学)らの研究チームが、世界各地でカエルなどの両生類に壊滅的被害を与えているツボカビに感染している野生のウシガエルを確認した。10日、神奈川県相模原市の同大で開かれた会合で発表した。

 国内で野生個体へのツボカビ感染を確認したのは初めて。ウシガエルは実験用動物として流通することが多い種で、飼育中に感染した個体が野生化したのか、野生で感染したのかは不明。宇根准教授らは、全国のペットショップや研究協力者らに呼びかけて、両生類23種132匹を収集、遺伝子検査でツボカビ感染の有無を確認した。検査した野生の両生類は30匹で、神奈川県内で捕獲したウシガエル10匹のうち4匹で感染を確認した。

 昨年12月、東京都内でペットとして飼われていた中南米産のカエルで、国内で初めてツボカビの感染・発症が確認された。

毎日新聞 2007年6月11日 12時54分」

その会合の記事がWWFのサイトにありました。
「カエルツボカビフォーラム2007を開催! 2007年6月11日」


ついに日本の野生ガエルにも! どうすんだあああああ…。
これってやっぱり誰かが、捨て犬ならぬ捨てガエルをしてしまったってことなんでしょうか? 
うちのおたまさんずは大丈夫かな? おたまじゃくしの間は口が変形する程度だけど、カエルになったら一気に全身に感染するとかなんとか。ううううううむ。うちの子たちがカエルになって、ひっくり返してみて元に戻らなかったら、田んぼに返さずに獣医さんのところに持っていきます…。

            
                                  

コメント