fc2ブログ

Article

        

家、ついて行ってイイですか?

2019/ 07/ 22
                 
20190723193043e21.jpg

「家、ついて行ってイイですか?」というテレビ番組があるんですね。終電も行った深夜、外を歩いている人に局のスタッフが、タクシー代を出すから家に行っていいかと交渉する、というもの。家に上がらせてもらって、おしゃべりをする。
https://www.tv-tokyo.co.jp/official/home_ii/

Facebookでたまたま出てきたのが、この番組の中国語(?)字幕の動画だった。私はスマホは音を出さないので、小さく見えている日本語字幕を追って見ていたのだが、かなーり衝撃的な内容であった。
この番組は毎回こういう人に出会っているのか? 本当に偶然? 中国語字幕になっているぐらいだから、この回が特別だったのか? とモヤモヤしていた。

別の日にFacebookを見ていたときに、また同じ番組が流れてきた。
埼玉の、私と同年代の男性。タクシーの中ではオヤジギャグも言ったりして、今度は明るい話で終わるのかなと見ていた。

ところが、これがまたすごい話であった。
見ていた動画はこちら。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=470857850319800&id=2337797513118214

こちらで、テキストにまとめられています。
https://www.narinari.com/smart/news/2019/05/54498/all#

その男性は、高齢者が運転する車にひかれて亡くなったお嬢さんのお父さんだったのだ。
2015年12月。娘さん、稲垣聖菜さんは、当時、あと2日で16才になるはずだった15才。蕨高校って県立の進学校の1年生。そういえば新聞記事の写真に見覚えがあるような…。
私は熊谷のあの男の子のことがずっと気になっているが、二人は同学年になるらしい。そうか。

熊谷、浦和という、近いエリアでのことなだけに、いっそう娘×2が心配になるのであった。
ちゃんと通行していても、突っ込んでこられたらどうしようもないのだから、しかたないとしかいえないかもしれない。でも、親にしちゃ、しかたないじゃすまないのよ。

娘×2には本当に気をつけてほしいし、そして運転する側も、このお嬢さんのときは高齢者だったけれど、若くたって事故を起こさないとは限らないんだし。夫は運転するから、気をつけてほしい。
運転側といえばあおり運転、いっときたて続けにおこりましたね。夫が巻きこまれやしないかと、そういう心配もある。
私はもう車の運転はしていないが、自転車に乗ったときに気をつけねばと思う。加害者にならないように。
次女がぶつけられたときは、たいしたことなくて(?!)ほんとうに良かった。が、相手の人に、もっとしっかり言えばよかった。万が一事故に遭ったとき、事故を起こしてしまったときのことも、ちゃんと準備しておかなければ。

こちらは、聖菜さんのお母さんのサイト
https://seina.jp/

お友だちの記事
http://seishun.style/column/1614/
                         
                                  
  コメント - 0

コメント