fc2ブログ

Article

        

伝える心

2014/ 12/ 04
                 
「伝える心」…今年の長女の書き初めのお題である。なんだか世の中はコミュニケーションがどうとかそんな話ばっかりね、と思うのは自分の職業柄だろうか。
そんなわけで、今年もやってきました、書き初め。

伝える心

硬筆では選手になれたが、本当に運が良かったと思う。今年のクラスメートも、上手な人が結構いるのだ。
それに毛筆は、やっぱり書道教室行ってる人は強かったりするよねー…なんて、何度か県展までいってるYくんは習っていないらしいが。

でも長女のこれ、なかなかではないですか、初回にしては。他のお子さんはどうか知らないけど。私はこんなふうには書けないかも…。
相変わらず普段は篆刻みたいな字なのにね。なにか持ってるんでしょうね。でもほんと、篆刻なんですよ。この変わりよう、なんなんでしょ。
            

冬休み明けに競書会(本番)である。だから冬休みに練習しないといけないわけだけれど、去年はしくじったからね。今年は猛練習するんだろうか。
まあでも、正直、字の練習なんてしてる時間があったら、算数の勉強してほしいと私は思うんだが、選手になれたときの特訓はなかなかおいしいよなあ。じゅるるるる。
それに、どうせやるなら全力で。

ちなみにご報告が遅れましたが、次女も保育園で、園長先生のだんなさん先生から習字を教わっている。
長女のときも習っていたが、あのときは何書いてたかも知らなかったような気がする。次女は毎週、作品を持ち帰ってくる。

で、次女、鉛筆の字もなんだが、長女の当時より上手なように思うのよね。
今週は「こい」

こい

あれ?
「こ」の一画め、いったいどうやって書いたのか。普通書けない…
(本人に聞いたところ、横棒を引いてから、左端にちょんをつけたらしい…)

初公開がこれになってしまった。すまん次女。

            
                                  

コメント