fc2ブログ

Article

        

次は読書感想文

2012/ 08/ 30
                 
というわけで、きのうは5週めの水曜だからレッスンは休みだった夫。次女はいつも通り保育園へ、長女は児童クラブを休みにして、読書感想文のめんどうを見てくれることに。
            

途中、「なかなかきっつい。」というメールが入った…
進まないからきついとかいうより、ぶーたれてんだろうなーと思った。きっと。だったら自分でやれよ、もしくは親はほっときなさいよ、というところなんだろうけど、うーん、そうはできない私(と夫?)。

去年も大変だったが、がんばった。夫と長女が。でも、出品されなかったのよね。とてもよく書けていたと思うが、テーマがずれていたのではないかと。
課題図書の「学校かっぱのイケノオイ」を選んだんだが、長女は生き物を大切せねばということを書いていた。でもあれって、いろいろ苦手なことはあるけど学校は楽しいね、がんばろうね、みたいな話だったと思う。
残念。

今年は課題図書も少し読んではみたのだが、長女が学校から借りてきた「ぼくらのムササビだいさくせん」という本にした。本人の希望で。
ムササビの巣のある木を、子どもたちが守る話…らしい。腹黒い大人(それは私)の考えからすると、感想文にしやすい本だと思う。私も諦めずにがんばります、行動に起こします、みたいな。
しかし実際に、心に響いたか、おもしろかったか、というと…どうかなあ。私はさっさと読むのをやめて夫にバトンタッチ、夫は、最初に読んでおもしろくないと思った本は読み続けるなと。本人はおもしろかったとおっしゃる。

この前の休日だったか、ちょっとは進ませようと思って、印象に残った場面を書き出させた。
おもしろかったところ、すごいと思ったところ、うれしくなったところ…みたいな感じでいくつか書いていたが、うーん、テンション上がんない。私が。私は読んでないしなあ。
夫に任せることに。

実はテンションが上がらなかったのは、長女が内容をよく覚えてないせいもあるかと思っていた。
でも夫によると、長女は話をちゃんと覚えているし、理解しているらしい。
が…考えてないんだよねー。なにも。あああああ。

そして、今のところこんな感じ、と夫が見せてくれた原稿…

「わたしがすごいと思ったところは、~です」

小学生になってから使っている定型文である。書いちゃったかあ。
これでも、後の文が「~というところです」とW「ところ」になるのを直させたんだけどね。
そしてたいてい「わけは、~だからです」が続く…しかもあんまり理由になっていないような「わけ」が。
で、こんな紋切型じゃ、当然おもしろくない。
夫が一緒にやってくれたから、幸いにして、今回は「わけは…」には続いていなかった。ほっ。

なにはともあれ、たくさん下書き書いてがんばった。まだ字数も足りないけど、なんとかなるであろう。えがった。夫、ありがとう(-人-)

ちなみに夫に任せているのは、夫が文章を書く(書いていた)人だからである。
予定としては私は、今ごろ、芥川賞授賞式で「妻に感謝します」と言われているはずだったんだが…あれ?

というわけで缶詰めとなったが、お昼はラーメン屋さん行ったんですってー。じゃ、いい一日になったことでございましょう。
でもって本人の希望により、上尾図書館に行き、タンタンのDVDを借りてきたりしたんだそうだ。
ちなみにその際、読書感想文の書き方本があったので、夫が見てみたそうなんだが…はい、私は去年だったかおととしだったか、本屋さんでチラッと見ました。ああいうふうに書かないといかんのだろうか? 書かなくてもいいだろうが、そうしないと好評価を得られないのだろうか?
むーん。



昨晩の読み聞かせ
長女「お母さんが読んで聞かせるお話」より「いんちきうらないし」
※この話、主人公であるいんちき占い師は、「かぶとむし」と呼ばれている。なぜ?
次女「げんきなマドレーヌ」

            
                                  

コメント