fc2ブログ

Article

        

ゼリーとおせんべい

2006/ 08/ 08
                 
アンリ・シャルパンティエ土曜に戻ります。
JR東日本オリジナルポケモンバッグをゲットし帰宅、夫の用意してくれた冷し中華を食べてお昼寝。8/6の記事の続き。おやつはアンリ・シャルパンティエのテリーヌ・ドゥ・フリュイでございます。
            

昼食後…というか、まだ私と娘はちんたら食べているときに、夫は再びレッスン&練習へ行ってしまった。そして娘は、お昼寝から覚めたらおやつ…で、アンリ・シャルパンティエの、要するにゼリーです。うわお~。
午前中に池袋で、西武百貨店内のこのお店に寄ったわけだけど、そのとき買ったものではなく頂き物なのですが…。
このお店を見つけて、ことあるごとになにか買っていた時期(4、5年前かなあ)にも「おいしそうなゼリーがある!」と買ってみたことがありました。1個400円近くしたと思う。くだものがゴロゴロ入っているんです。そして甘すぎず、ゼラチン部分は崩れる寸前にやわらかく…。やはり、3個98円とは違います(ま、あれはあれでなんか楽しいもんですが)。

「白ぶどう&赤ぶどう」「ピーチ&チェリー」「グレープフルーツ&オレンジ」と3種類あって、本人に選ばせたら「ぶどう」と。なぜか最近ぶどうがはやり。
ありがたくいただけ!


アンリ・シャルパンティエ アップ「うわあああ…」

もちろん大喜び。いきなり真ん中から食べていた。そして

「お母さんも食べる?」

角の、ゼリーだけの部分をちょこっとくれました。ありがと…

というわけで上でもリンクするようにしましたが、HENRI CHARPENTIERのホームページはこちら。うーむ、仰々しくてよく分からんサイトや…でもやっぱりおいしそうだ。じゅるるる。
…やっとTerrines de Fruitsを見つけた。カタログ→パティスリ・エ・ガトーから、右下のあたりでページをめくると出てきます。「洋酒も効かせて新鮮なスタイルのおいしさに」!! 洋酒?! あはははは。娘は大丈夫そうですが…。


さっ、食べたら病院よ!
毎週の吸入もですが、今回は診察もしていただこうと予約してあったのです。この私(←病院嫌い)が、珍しく。
娘はアレルギー体質で、胸のゼコゼコ、ハナ垂れ、肌のカユカユ、この三つを繰り返すと言われました。で、今はカユカユらしい…。手足口病の湿疹かと思ったのですが、元気になってからもかゆがり、夜中も「お母さ~ん、かゆい~」と起きてしまう。で、土曜の朝、早くに自分で起きてきたときがすごかった。全身ひっかいて赤くなり、そして白いカサカサが…。爪が伸び気味だったせいもあったかもしれませんが。
そんな訳で診察。
「おかげさまで風邪は治って保育園でプールに入ったりもしてるんですが、全身かゆいようなんです」
と診ていただくと、
「ああ、アレルギーだねえ、夏の。ブタクサとか、雑草だね」
ううう…。新しいお薬を出してもらいました。ステロイド入り、保険適用外の塗り薬。ステロイドはやたらめったら毛嫌いせず、使うべきときに使わなければ取り返しのつかないことになることも、と聞いていたので、ここは先生を信じようと思います。とにかく治さないと、かわいそうだし…こんなにちっちゃいのになあ。
詳しくはまた後日に書きたいと思います。


…はいはい、今日はおいしい話!

アンパンマンバス診察が終わり処方箋を出してもらっている間、夫も登場。夫・父がレッスンで教室を使うので、一旦帰宅。でももう今日は休みなよ…ということで、うちにいてもらうことにした。
さて、私と娘は…ちょっと散歩でもしようか。そうだ、帰省のおみやげを買いにおせんべい屋さんに行こう(というわけで写真は、途中にある幼稚園のバス)。線路を越えて東側にある、石川煎餅店です。過去記事はこちら。そこでも書いていますが、私の弟が、ぬれ煎餅が好きらしいのです。ぬれ煎餅…パリッと割れない、湿気のきているようなお煎餅。
私の感覚だと、おせんべいを口に入れて噛まずにしばらく入れっぱなしにしておくような…。そういうことしませんか? そんなことをする私は、わざわざ始めからやわらかくなくてもいいんじゃないかなと思いますが、弟は好きなようです。

彼が出会ったのは…羽田空港? 以来、空港で買って帰っていました。銚子電鉄のぬれ煎餅です。いちど池袋で探し、三越に同じものがあったので買ったこともありました。ネットでも買えるらしい…こちら。上尾人になったので、上尾製を買いますが。

そういえば普通のとぬれ煎餅と、作る上ではどう違うのかしら? たま~~~にくる(もしかして休止になってるかも…??)ホームメイドプラザのメルマガで、おせんべいの作り方が送られてきたことがあった。で、どうも時間がたつとフニャフニャになると書いてあったような気がするけど…それってぬれせん? やはり湿気てる…?
石川煎餅店さんに聞いてみたかったけれど、閉店間際だったようでシャッターを閉めているところだった。ので、聞かずにさっさと退散。キャラメルもらっちゃったけど…。

というわけで、インターネットで調べたら、銚子観光のところにありました。こちら
普通は
焼く→冷ます→醤油につける→乾燥させる
ですが
ぬれ煎餅は
焼く→醤油につける→乾燥させる前に袋詰め
のようです。やっぱり湿気ってこと?

ところでワタクシ、自己流でおせんべいを焼いたことがあります。いや、おせんべいと言ってよいものやら…。先ほどメルマガの話を書きましたが、その通りにしたわけではなく、でもそのレシピがなんとなく頭に残っていたのかもしれませんが「お米つぶして焼いたやつでしょ?」と、ちょ~~浅はかな考えのみで作ってみました。

①ボウルにごはんを入れ、すりこぎでグリグリつぶす。
②がんばれるところまでつぶしたら、フライパンへ。
③焼きながらフライパン上で更につぶす。(本当は麺棒でぺったんこにしたかったんだけど、麺棒や台が汚れるのがやだったから…)
④お醤油を塗って、もうちょい焼く。
               できあがり?!?!

焼きおにぎりの皮部分みたいなのができました…。めちゃくちゃかたい! あごがどうにかなってしまいそう。でも娘が食べていたのでびっくりした。
まあ、ふわふわプリプリ甘~いアンリ・シャルパンティエの味を知ってしまった今では、もう食べないかもしれないけど…。

①はすり鉢でするといいみたいです。②は手に水をつけてつぶす程度でもいいみたいですが、サランラップやキッチンペーパーにはさんでむぎゅむぎゅするという方法も。
そして成型したら、半日で乾燥させるらしい。乾かせば乾かすほど堅焼きに。そのあとドボンとお醤油に浸して、焼くみたいです。オーブンがいいのかな?
いつか作ってみよう。自分で作ると変わり種ができるから、おもしろい。チーズ入りとか…?!

おせんべい屋さん本舗ちなみに私は、ザラメがついているおせんべいが好きです。
そういえば(かなり)大きな缶にいろんなおせんべいが入っているものを、2度もいただいたことがあった。たぶん、ここのじゃなかったかしら…おせんべい屋さん本舗


おせんべい屋さん本舗2正確には、缶を開けると大きなビニール袋が入っていて、そのなかにいろ~んな種類のおせんべいが入っているというもの。缶から出しっぱなしにしていたら…寝返って遊ぶようになった娘が、バサバサさわったり、かじってみたり。
※ビニールなので安全ではありません。目がはなせません…。
かなり長いこと、はあはあ言いながら遊んでいました。
というわけで、写真はそのときの様子、旧携帯写真より。


おせんべい屋さん本舗のHPトップは、黒胡椒せんべい。おいしいんですよね~、黒胡椒味。ビール持ってこーい!てな感じ。教えてくれたのは壽退社をしたKさんでした。おうちが所沢で、駅前だかに黒胡椒せんべいを扱っているお店があるらしい…って、あれ? ここかな? じゃあ、缶いっぱいのおせんべいはここじゃないのかしら? いや、もしかして同じ…?
石川煎餅店でも、黒胡椒味作ってくれないかなあ。邪道なのかな…。


おせんべい屋さんといえば、もうひとつ。あられ屋さんになるのかな…(おせんべい=うるち米、あられ=もち米)。福岡の実家あたりでは「もち吉」タカラブネのように大きな道路沿いにあるお店。なぜか水がもらえるようになっていて、みんなポリタンク持参で行く…。
全国展開してるみたいですね。池袋は、ISPの中で見つけました。
堅焼きのおせんべいというより、揚げせん系の軽めなのがおおいです。でもかなりいろんな種類があり。チョココーティングされたあられもあった。

あ! カエルだ!!(ここ!
話がどんどんずれていきそうなので、ここいらでやめておきます…。長々と失礼いたしました。



昨晩の読み聞かせ 「ブレーメンの音楽隊」バーナデット
発表会が終わり、レッスンはお休みの夫。事務仕事はあるのですが、保育園のお迎え以降、家事をやってくれました。てなわけで娘の寝かしつけも。私は夜更かし~。

            
                                  

コメント

先日頂いた石川煎餅店のおせんべい、息子がとても気に入ってもっと食べたいと騒いでました(笑)。私は食べなかったけどやっぱり美味しいんだね。上尾に16年も住んでたのに全然知らなかったよー。
おお、機会があればこんど持ってくよ! うれしいなあ。ふふ。
わけのわからない甘~いお菓子よりいいよね!