fc2ブログ

Article

        

ひまわり種収穫&天ぷらデー

2010/ 11/ 14
                 
ひまわり最長ひまわりが、途中で折れている枝があったので切花に。
←やっぱりこれ、かわいいなあ。
そしてよく見ると葉っぱの中に、あやしい白い粉をふいたものが。うどんこ病かな?
            

うどんこ病らしき葉っぱは、今までも時折見ていた。そのつど切っていた。でもって、一番はじめに咲いた花や、上の方のいくつかは、もう種がとれるような気がする。
なんとかぎりぎり私でも届きそうなところで切って、うどん粉病除去&種収穫ができそうだったので、ばっさりいった。

最長ひまわり。こんなに大きくなりました。
最長ひまわり 
ばっさり後
最長ひまわり その後

玄関に行く道をふさぐように咲いている、赤茶色の輪があるひまわり。最初に咲いたのは、もう種がとれるかなとちょん切った。
ひまわり収穫 

種ですねー。
ひまわり種

収穫左の大きいのが、赤茶色輪の。花芯はポロポロとれたが、ありゃりゃ、周りの方の一部しか熟していなかった。しかも真ん中あたりは、なんだかベトベトしてる~。もう少し待つべきだったか。もしくは、受粉の関係かもね。それから、小さいアオムシがいらっしゃいました…やーん。
小さな右の5つが、最長ひまわりの分。5つとれたー。わーい。
葉や茎を片付けたら、地面に3センチぐらいの青虫が残った…。うどんこ病同様、全部やられるほどはないけれど、たまーに見かける。なんの青虫なんでしょうね。調べる気になるまでは、まだ時間がかかりそうだ。許して。


玄関への通路をふさいでいるひまわり、その2。
小さめひまわり
小さめなんだが、最長ひまわりのように花びらが多いタイプでかわいい。色もグー。


…と、こんなことをしていたのが次女のお昼寝中であった。最優先は七五三準備なのに。

漢字練習長女に漢字を書かせてみた。「学校」とか、ちょっと複雑な字になると、けっこう漢字表を見なきゃかけなかった…。がんばれ。途中で、実家から荷物が到着。いつものように、お野菜、服、お菓子(父の弓道大会の賞品)が満載。もちろん今回は、次女へのバースデープレゼントも。ありがたや。


実は、夫が夕方にもレッスンがあり、帰りが遅い→私が夕飯の準備をせんばいかんことが判明。普段家事をしていないので、冷蔵庫に何があるかも分からず戸惑うばかり。ううう。
とりあえず、復活したぬか漬けを発掘した。

ぬか漬け復活容器がいいと(野田琺瑯でございます。宝物。便利。もっとほしい)おいしく見えます。まだあまり発酵していなくて、ストレートに糠の香り。そしてしょっぱい。かなりしょっぱい。

高菜実家から送られてきた高菜も、切って野田琺瑯へ。
両親の友人のおうちに生えている高菜だそうだ。手作りだから、ケミカルな味はなし。おいしい。


短襦袢それぞれ遊ぶ、娘×2。
おっ、短襦袢、できたの?!…ではありません、次女が着ているのは3才用。一応、来年着る…のですか?! 信じられんが。着られるんだろうか。想像もつかん。
というわけで、本人は着せたらなんだか喜んでいたので、着せて遊ばせてみた。加えて「ぼうち(帽子)」とおっしゃるので、パーカーの帽子をかぶせております。すみません、お見苦しいものを。
※次女は帽子やバッグが好きみたい。


さて、晩ごはん、どうしよう。夫が持って帰ってきたさつまいもがあった(この時点ではどうしたのか知らなかったが、姪のおいも掘りのおすそわけだったらしい。ありがとうございます)。私らしい晩ごはん…おいも…いも天じゃー!
というわけで、いつものごとく、分厚いいも天に。
が、次女がそのうち短襦袢遊びにさっさと飽きて(そりゃそーだろ)、椅子をガーガーとひきずりながら、台所へ近づいてきた。椅子にのって、流しの上のものをさわりはじめる。きゃーやめてー。

次女のお手伝いちょうどさつまいもを天ぷら粉に入れようと思っていたので、次女にさせた。うおっ、投げ入れないでよっ。
そして、カボチャがあったのでかぼ天も製造。タンパク源は、カタクチイワシ。イワシは4分の3ぐらいを南蛮漬けにした。


できましたー(これで半分量ぐらい)。
天ぷらイワシは小さいので、さばかず丸のまま。でもジゴをとったほうが、天ぷらはおいしいんだろうねえ。なんか、丸干しを食べているみたいな感じだった。
しかし、骨無しジゴ無しで、身と衣のカリカリおいしい部分だけを次女にあげたら、味をしめたのか、そのあと丸々一本食べちゃった! すごい。
そしていも天を目を細めて食べる長女…かわええのう。

さて、着物はなんとか肩上げはできたので、お風呂に入る前にちと着せてみる。図書館で借りた、市田ひろみの本を読みながら…。はははー。
まあ、なんとかなるかなあ。

そのあと寝るしたくやらなんやら、全部夫に任せて(いつものことだが)、半襟と伊達襟つけ。そして次女を寝かしつけるのに私もいったん寝室に行ったら、やはり寝てしまったが、3時ごろ起き出して半襦袢袖付けとペチコート製造開始。が、じきに次女が起きたので、再び寝かしつけに。なかなか寝ない…私が眠い…。本日本番…大丈夫なんか。

            
                                  

コメント