fc2ブログ

Article

        

やっと発送

2009/ 01/ 05
                 
2009やーっと昨日、年賀状を投函。遅くなってすみません。
そして年賀状をくださった皆様、ありがとうございました。初耳の「家族が増えました」ハガキもけっこうあって、去年は本当に周りで出産が多かったなあ。
            

大学時代の友人Kちゃんの年賀状に書かれていた「なんと一人産んでみた」には大笑いした。

今年の絵は二人分、なんとなく長女のほうから描いたのだが…左にいたからか、面積が広かったからか。こういうときって同時進行で描くべきなんでしょうね。長女だけで力つきそうになった。次女が適当になってないかしら?
でもって似顔絵のいいところは、さりげなく美化できることのはずだが、今回はいまいち。実物のほうがかわいいです。もうひと息、描きこみたかったところですが。
長女に牛を描かせたら、背中に人も乗せて、吹き出しに「ことしわうしどしだから」だって。ぷぷぷ。はじめ「らいねんわうしどしだから」と書いてしまい、すべて書き直したのですよ。

というわけで、娘×2ともども、今年もよろしくお願いします。


さて、夫・実家に入り浸ってしまった3日間。4日目も、という話も出ていたのだが、スケートに行く話もあり、長女がスケートのほうを選んだ。
朝は実家から送られてきた久留米産のおもち(もちろん丸もち)。これで最後。4日連続だったが、もっと食べたい。

たこもち夫が「金魚もちだ!」というのでなにかと思ったら、こんなになっていた。どちらかというとタコ? 宇宙人っぽい気も。

今年のおもちは、なぜか小ぶりだった。で、油断するとすぐにふくらんで破裂してしまう。それで私が焼いたときなんかは、おもちどうしが全部つながった上に、焼いていたフライパンの形になってしまった。


娘のスケートはこれが3回目。過去2回は着いたらもうお昼近く、それでお昼ごはんは外食になるしお昼寝は遅くなるし、毎回これではよろしくないので、昨日はお弁当持参(もちろん夫made)。そして、三が日も終わって道が混むかもしれないと、朝レッスンもせずに二人は出かけていった。
結局、スイスイで予想よりずいぶん早くに到着したようだ。12時頃には帰ってきた。まあ、これで午後が長くなっていいんじゃない? 今日こそ早く寝ようよ。
で、留守番の私と次女…この3日間、夫・実家で泣きっぱなしだった次女は、午前中に爆睡。おかげで私は年賀状書きができたのだった。

すると午後の次女は、寝ない、泣く、あんまり飲まない、と最近の困ったちゃんな状態に。うう。
長女がお昼寝から起きて、おやつを食べて、次女をあやしながらみんなでまったりタイム…。最近折り紙がブームらしい長女は、このときも折り紙をしていた。でもきれいな紙がなくなってきた。私なんかは、持っている範囲で何度も使いまわしていた気がするが(つまり、折ったらくずしてまた折り直すのだ)、娘は惜しげもなく切ったり貼ったり、リサイクル不可能な使い方をし、普通に折ったものも再利用するなんて気は毛頭ないようだ。しかも「新しいの買えばいいんじゃん」ぐらいなことを言っていたので、簡単に買ってなんかやらんぞ、と買わないようにしていた。
でも、昨日は、なぜか買いに行くことに。あれれ? まったりタイムに飽きて、そして、泣き叫ぶ次女に手を焼いて、気分転換したかったのかもしれない。4人で買い物へ。

お正月にたかりまくっていたわけだから、冷蔵庫にはまだ私が作ったものが残っている上に、夫・母が持たせてくれたおかずもたくさんあった。野菜室にも、野菜はある。が、なんだかんだでちょこちょこ買い物してしまう…。うううむ。まあ、気分転換です。

実は折り紙の本も買おうと考えていて、乗り気になっていた夫がアマゾンでよさそうなのを発見。ひとまずイトーヨーカドーにある本屋さんに行ってみたが、なかった。まずは図書館でさがすか。

長女とりあえず、買った折り紙についていた折り方例3つの中の、かぶとを折ってみた。
まだ、折り図を見て自力で折ることはできないが、私が教えたら一度で覚えた。長女にちょうどいいレベルだったようだ。

かぶとに顔をかく長女…。



折り図がついていたもう一つ、鳥も作ってみることにした。これが、「図のように折る」というような、言葉ではっきりと書き表せない、白黒はっきりしない折り方というかそんなか所があって、私でも微妙にゆがんじゃう鳥なのだった。長女の顔が曇っていく…でもまあ、なんとか完成。

鳥さっそく目を描いてくちばしを塗って、白雪姫の真似をしていた。


そんなこんなで、せっかくお昼が早かったのにまったりしてしまい(←親が)、結局、また夜が遅くなった。朝しなかったレッスンは、9時過ぎからはじめて、歌を歌っただけで終了。おかげで和やかな雰囲気のまま終わりましたが。

            
                                  

コメント