fc2ブログ

Article

        

バービー様

2008/ 10/ 09
                 
うたとピアノの絵本火曜日の夜、電車遅延で少し遅くなったが無事帰宅。ワンピースに着替えて「うたとピアノのえほん」をCDにあわせて歌う娘。
まだレッスンではやっていない最後のほうは、やっぱりモニャモニャ…。たった4小節なんだが、私も聴いただけでは一発では歌えなかった。ありゃー。
            

ピアノの前にすわってはいるが、弾こうとはしない。弾くのは難しいと思っているみたい。難しそう→やりたくない、という子どもっているから、ほめて自信をつけさせましょうとかよくいわれるが、娘もそのタイプみたい…。私自信はそういうことはなかったと思うが。気が強くて(ただし、スポーツは完全に逃げ腰)。今だって、難しそうだからやるのはいやだということはない。後回しっていうのはあるけど…同じか?!)。夫はどうなんだろう…ぽや~んとできちゃうって感じか?
あ、いや、私は「なにくそ!」っていうんじゃなくて、「大丈夫大丈夫、できるできる~」って感じかな…とろいのだが実は要領いいのかもしれない。できない部分はできる範囲でカバー? できないところには始めから近づかないともいえる。そうだ、それだ。
そんなことしていると、最後には何も残らない気がするが…ま、そんなもんさ。最後って死ぬとき? 別に残らなくてもいいよね。
そうだ、プチ逆境ぐらいだと燃えてしまうかもしれません。だから新人研修のときに、新しいことやちょっとしたトラブルなんかをいちいち恐がる人の気持ちが、よく分からないというか。あるとき、そうか、弱い人っているんだなーとは思った。でも仕事だよ? お金をもらうのに自分が楽にできることしかしないなんて、ちょっと甘いんじゃないかと思うんだけど。

なにはともあれ、どうも小心者の娘。今、保育園でお昼と夕方に、先生に目薬をさしていただいているのだが、「あっ、夕方忘れちゃった!」と、ものすごく動揺していた。額に縦線入ってるんじゃないかってぐらいに。
マリーが動いていたので、夫がおなかの左側、娘が右側に手をのせたら左しか動かない。下を向いてベソをかく娘。まあこれは、確信犯的なところあり。嘘泣きだろう。ずるーい。

という娘。火曜の夜もワンピースでピアノに向かい、1冊分歌って、ピアノは弾きはせず。
そのあと晩ごはんを食べていたら夫が帰ってきたのだが、おみやげ持参。なんと…バービー人形! すっげー! 生徒さんから、誕生日プレゼントですと! (まあ、それだけではないみたい?だけど)その生徒さんは小学校1年生、買って下さったのはお母様だと思うが、もしかしてお見たてはご本人かもしれないらしい。夫曰く、なんだかうちの娘を気にしてくれているようだとかとかなんとか。

バービー金髪のバービー…しかも、Sleeping Beautyバージョン! キラキラドレスに、ティアラまでつけている。これはたまりません。
娘の喜びようったら、それはそれはすごかった。おもちゃらしいおもちゃってないしね。自分もさっそくブランケットを腰に巻いて洗濯ばさみでとめて、シャナシャナ歩いたりして。よかったねえ。Mちゃん、お母様、ありがとうございました(-人-)

というわけで、うちにバービーが来ちゃいましたよ、ついに。ファニはおさらばか…一時、遊んでいたことがあったのだけど。私がお姫様服でも作ってあげればよかったのかもしれないけど。
それから、私のリカちゃんをあげようと思っていたが、それもいらないかしら。そういえばお盆に実家に帰ったときに出してみるつもりが、そんな時間なかったというかいらなかったというか、それで娘に見せずじまいになっているのであった。
でもなんとMちゃん宅には11人のバービーちゃんがいるとか?! じゃあファニも復活するかなあ。
とりあえず、バービーの服作りの本を、図書館で予約しておいた…。

いやあしかし、女の子はかわいいのう。マリーが女の子と分かったときはかなり動揺したし、もしかしてすごーく男勝りな子になっちゃうかもしれないが、やっぱりここは若草物語を目指したいところである。

            
                                  

コメント