fc2ブログ

Article

        

ディズニー・オン・アイス プリンセスドリーム

2008/ 09/ 15
                 
ディズニー・オン・アイス日曜日。明け方に雨。前の日ほどはなかったが、娘はやっぱりバリバリかいて…眠いー。朝練やっぱり中止(まだあんまり危機感がないのかも)。
で、この日は初のディズニー・オン・アイスへ。もちろん娘のためなんだが、おとなでもきっと楽しめることでございましょう。さいたま新都心のアリーナで11時開演なので、場所も時間もちょうどよい。
            

10時20分台の電車に乗った。上尾駅の下り側ホームは、新しい階段とエレベーター、エスカレーターができていた。
車内でも、ちょっとおめかしした女の子がいて「もしかして見に行くのかな?」と思ってたいたら、さいたま新都心駅の改札はプチディズニーランド状態。親子連れがうじゃうじゃ、そしてコスプレした子ども。
チケットにBゲートと書かれているので、そっちに行くと…誰もいない。あれ? 会場の人らしきお兄さんがちらほら、聞いてみると今日の入口はAゲートだけだと。はあ~…。実はBゲートの入口にはロープが張ってあって、一組のファミリーがすわりこんでいた。あとで夫が言っていたのだが、この日の夜公演はトヨタの貸し切りらしかった。で、Bゲートはその入口だったみたいで、するとあの一家は場所とりというか順番待ちだろうか?
こちらは全席指定。S席5800円×3! 高っ! 入口の外ではグッズ販売をしていて、うちはプログラムを買った。2500円! 何様?!(ディズニー様…)
ゲートから入ってずーっと歩いてやっと座席に。あらま、後ろのほうだ…チケット、イープラスでとったんだが、楽天では売り切れだったもんなあ。
席にすわり開演を待っていると…「席の確認をさせてもらってもいいですか?」…あれ? きゃー、一列間違えたーはずかしー…。
スケートリンクがあるってことは寒いかなと思いYahoo!智恵袋なんかで見たらやっぱりそうらしく…薄い上着とブランケットを持ってきていた。また逆子ったらやだし。でもまあ実際は、そんなにツンドラではなく、普通にクーラーで寒いというぐらいだった。コンサートホールと同じくらい。

ほどなく開演。ティンカーベル登場。「プリンセスドリーム」なんだが、ティンカーベルが進行役みたいなことをするみたい。で、本編が始まりました…まずは「アラジン」から。
娘の背丈だと前の人の陰になってしまうのもあって、彼女は立っていた(後ろには誰もいない席だったし)。でもって食い入るように見ておりました。
プログラムはこんな…

-第1部-
願いごとの不思議な力
ミッキーマウスとミニーマウスがティンカーベルと一緒に、みなさんを願いごとが叶う不思議な世界へ連れて行ってくれます。

叶えられた願い
ランプの精のジーニーはアラジンの願いを叶えます。すると、外の世界に憧れるジャスミンの夢も実現するのでした。
「一足お先に」「ホール・ニュー・ワールド」

願いの井戸
白雪姫はついに憧れの王子様に出会います。
「私の願い」「ワン・ソング」

冒険への憧れ
冒険への憧れがベルを魔法のお城へと導きます。
「朝の風景」「ひとりぼっちの晩餐会」

湧き上がる希望
アリエルは波の彼方の人間の世界に恋焦がれます。
「海の底で」「アンダー・ザ・シー」

-第2部-
人魚の夢
アリエルとエリックはアースラの呪いをうち破ります。
「キス・ザ・ガール」「パート・オブ・ユア・ワールド」

愛と教え
子供たちに調和の大切さを教えるムーラン。ヒーローに出会い、愛を学びます。
「それが大事」

夢は叶う
オーロラ姫は夢に見た王子様に出会います。
「いつか夢で」

幸せを探して
シンデレラの夢が叶い、お城の舞踏会へ招待されます。
「夢はひそかに」「これが恋かしら」

プリンセスの夢
夢や願い事は必ず実現するのです!
「星に願いを」「イフー・ユー・キャン・ドリーム」


娘のお目当てはもちろんアリエル。「美女と野獣」が終わると、リンクの上から綱が2本降りて来て、船の帆らしき大きな布が張られ…「海の底で」が流れ出した。始まったー!
で、タコおばさん(とアースラのことを娘はこう呼ぶ)のところへ行ってサインをしてしまったアリエル…一体どうなるの?! と盛り上がったところで第一部が終了、続きは15分休憩のあととなる。

私と娘はトイレに行こうと列に並んでいたら、先にすませて席に帰る夫を見つけた娘が、ふらふらとあとを追いに行ってしまった。えーちょっとー。…トイレ断念。
二人でリンクの近くまで行ってみたりした。席に着こうとしたら、グッズ販売の売り子さんに遭遇。綿菓子と、ミッキーの耳つき冠、もしくは「リトルマーメイド」に出てくるあの水色と黄色のシマシマの魚が帽子になったやつのセットで、なんと1500円! うううむ。娘がほしいと言って動かない。あらま。でも却下…ごめんね(なんて言って却下したんだったか忘れてしまった)。グッズはどれもとんでもない値段であった…と思う。近づかないようにしていたから、詳しくは分からないけれど。

第二部開始。まずミッキー、ミニー、グーフィーが登場し船が現れ、海中を探検することになり、その船に客席から出てきたピラピラドレスの、娘と同じぐらいの女の子4人ほどが乗り込んだ。あー、そういえばサイトで公募してたなあ。しばらくの間、舟はリンクの真ん中にいたり、はじっこにいたり。そしてミッキーたちが再度登場し、楽しかったね~!ということで女の子たちは退場。結局、なくてもいいんじゃないの?という感じではあったが…(←失礼)。
そしてラスト、結ばれた王子とアリエルのパ・ド・ドゥ…王子がアリエルの腕を持ってぐるぐる回す技(なんだっけ…なんとかスパイラルだよね)で、手が離れちゃった! わお! もちろん何もなかったように再開。
めでたしめでたし。
そういえば私は「リトルマーメイド」の話をちゃんと知らない。…って、他のディズニーものもほとんど知らないのだけれど、とりあえず人形姫の話なのにハッピーエンドというのは聞いていたが、ほんとにそうなのねえ。こんなの人形姫じゃなーい!(…のになあ)

その後もプログラムは続く。「眠れる森の美女」ではドラゴンがなかなかの迫力。炎も! そしてトリはシンデレラ。
というわけで、テーマは「夢は叶う」でございました。「星に願を」のメロディーも合間によく流れていた。さすがアメリカン。プログラムの「夢や願い事は必ず実現するのです!」という言葉、なんだかどっかの宗教のパンフにありそうな…。が、やっぱり娘には、夢見子ちゃんでいてほしい気もするのであった。女の子はそれぐらいがいいのかも。
でもって、ほんとに夢は願い続ければかなうというのは、あながちウソではないとは思う。実際、夢とまでいかなくても、常にそのことを考えてアンテナを張っていると、情報が入ってきたりチャンスがめぐってきたりするもんだものねえ。それはもしかして、執念ともいえるのかもしれないが…。

さて、演目が終わってカーテンコール(カーテンはないけど)、すると、客席前方からまたもや花束を持ったフリフリドレスの女の子たち。この子たちも公募かなんかで選ばれたのかなあ? 出演者に花束を渡していた。
はーい、終了~。
すごい人混みの中、のろのろと出口へ向かった。娘は…おなかもすいて眠くてダラダラであった。でもまあ、プログラムと一緒にもらったバラの花を気取って持っていたけど。
さ、お昼だお昼だ! 娘がおなかにいた頃、さいたま新都心には2度ほど来た。1度目は、友人のおじゃこ氏一家と、2度目はうちの両親と一緒にジョンレノンミュージアムへ。で、その1度目のときにお寿司を食べたのを私も夫も覚えていて、そこに行くことになった。
お昼時真っ只中でやはり混んでいた。お店に入るなり、リトル・マーメイドのかき氷(器がそれ風。高いんだろうなあ…)を地べたにすわりこんで食べている子どもが4、5人…ううううううむ。回転はわりとよかったので、これまた混んでいるトイレに行ったりしていたら、ほどなく席があいた。
そういえば娘は、前日から突然下唇内側に口内炎がぶわーっとできていたのだけど…お寿司は普通に食べていた。なぜかイクラをあんまり食べなかったのが不思議だが。
そして夫抱っこでまた電車に乗って帰りましたとさ。帰宅後すぐにお昼寝。

ところでこのアイススケートショー、出演者はみんな外人さん。と思ったら、向こうの人が来てるのね。海外オペラの日本公演みたいなもんかあ。だったら、チケットもこういう値段だろうなあ。オペラなんか安い席でも1万以上だもんなあ。オケもあって大人数なわけだけど。
パンフレットを見たら、すごいスケジュールで日本全国まわっていた。これでプリンセス役やれるなんて、かなり優秀なんだろうなあ。

            
                                  

コメント