fc2ブログ

Article

        

里帰り2

2008/ 08/ 14
                 
足跡シーホークホテルで一夜明けて、8/13。もちろん朝から海!
まずは朝ごはん、ホテルのビュッフェ。娘は大好きなクロワッサンやコーンスープやデザートのフルーツでご機嫌。が、その場でしぼられたぶどうジュースは拒否。意外…というかなんというか。きのう飛行機でジュース飲んだから、いいって。あら。
            

私はやっぱりシリアル(フルーツグラノラ)。ふふふふふ。私が娘用に準備していた間、夫は私の分をよそってくれていたのだが、シリアルは全部で3種類あったらしい。おお。でもおかずもたっぷりで、パンも食べて娘が残した分も食べて、もうおなかいっぱい…。夫は、和食でかためていた父のトレーを見て、パン食のあとにごはんとお味噌汁を食べていた…。

その後、ぼちぼちしたくをして海へ。わお~。

海砂掘り


少しして休憩ってことで海からあがるおとなたち。娘に砂遊びをさせようとするのだが、本人は男2人に掘らせて、自分は海へ入ろうとする。おいー。

私はあいかわらずひざまでのところでちゃぷちゃぷしていたのだけれど、波が引いていくときに、なんかもそもそするなあ…と前日も思っていた。砂のような、海の泡のような? が、どうも虫っぽい。ダニみたいな小さいのが足の甲をわさわさと這っていた。ひええ…! そのうち海水と一緒にさーっと消えていくんだけど。なんだろう…?
それに気づいた娘が、ちと騒ぐ。まあまあ、海に入っちゃえばだいじょうぶだからさ。
そんなところへ、ちょっと大きめの波がきて(波って均一じゃないのね…ときどきこうなるみたい。全然たいしたことないんだが)海から逃げる娘。あらま。でも、チェックアウトが11時だったので、ちょうどいいぐらいだった。

海水浴終了はい、たいさーん。終了。また来年遊べるといいねえ。

本日は新作スカートをはいてみました。これも無意味に服製造したときの1枚。上はエルモのTシャツを装着。
あ、娘の頭が変な形なのは、お団子にしているからである。


シーホークチェックアウトして駐車場へ向かう途中に発見。ウェディングの展示会っていうか、そういうのをやるみたいだった。
いまいちうまく写せませんでしたが…真っ赤だった。南国風?
そしてなんと、グランドピアノが真ん中に。


この日は観覧車に乗ることになっていた。弟に明日はどこに行こうかなあなんて話をしていたときに、マリノアシティの観覧車にでも乗ってみれば?と。飛行機からも見えていた観覧車だった。娘に言うと乗る気満々。
マリノアシティ、私は存在も知らなかったのだが、アウトレットモールとかイエローハットやニトリなどがあったり、飲食店が入ったりしているショッピングモール。アカメぬいぐるみを買ったヴァンガードヴィレッジもあった。
途中から雨が降り出したがにわか雨だったみたい。観覧車に乗るころにはやんできた。

マリノアシティ 観覧車観覧車は一周20分。冷暖房完備。快適。
結婚式場もできるみたい。すごい教会ができそう…。


マリノアシティ 観覧車シーホークホテルやヤフードームの方面なんだけど…写らなかったかな?
けっこう普通のおうちが並んでいる。この辺りに住んでいる人にすれば、どんどん埋め立てられて海岸から遠くなって、背の高い建物も建っちゃって、いろいろ問題があるようですが。


で、もうお昼にしなきゃね。なんだかあまり洋食という気分では…(私が)。で、おうどん屋さんへ。
そこで娘が注文したものはなんだったでしょう? …またもやいくら丼であった。好きだねえ。

おとなだけであればお店を見てまわるんだろうけれど、娘がけっこうグデグデであった。で、退散。車の中でお昼寝。顔をいじったりしてもぜんぜん起きず、爆睡。私も口を開けて寝ていた…。
新しく三瀬トンネルというのができたそうで、そこを通って佐賀市内を通るルートをとったようだ。小5から中3まで住んでいた家の周辺を通った。懐かしー。そして私が卒業した小学校があったところは佐賀城の資料館になったのだが、そこに行ってみることにした。

その小学校は、お堀を隔てて向かい側にある、私が中3の5月までいた中学校へ移り、その中学校は、別の地区へ移った(二つの小学校の卒業生が通っていて、もう一方の小学校の学区のほうへ)。

佐賀城 城門私が小学校にいたときは、たぶん、城門だけが残っていた。これがその門。
校庭とは垣根なんかもなくくっついているような状態で、掃除当番でそこが回ってきたこともあった気がするなあ。校舎のうち、お堀のすぐ横の棟は木造で(真ん中もだったかな?)すごーく古くて、でもそれはお城の跡ではないと思うけど。校庭の一角に、処刑場だったと言われていた場所もあった(本当だったのだろうか?)。


佐賀城本丸というわけでその小学校をすっかり移して、佐賀城の本丸御殿の一部を再現した資料館だそうだ。「佐賀城本丸歴史館」年中無休、入場無料。ふとっぱら~。

夏休みということで(?)子どもはクイズラリーがあるらしい。子どもと言っても、小学生以上向けというぐらいかな。受付をしたら、娘はオリジナルのハンカチタオルをもらった。


佐賀城本丸 廊下廊下。広~い。
両親いわく、畳を張り替えたようだと。ほんとにふとっぱら。


もと城南中御座間(ござのま)の横から見た外。

向こうに見えているのが、私が通っていた中学校(今は小学校)の屋根だ。体育館かな?


パリ博のガラス皿佐賀城の歴史についての他は、今は「世界を見る~西洋との出会い~」という企画で展示をしているようで、江戸時代の外国とのかかわりとか、そんな話が中心だった。鎖国、出島、黒船…そんな感じ。
これはパリ万博での戦利品、唐草模様のガラス皿。素敵~。「深川家に伝えられる」って。母いわく、深川家って深川製磁(おお、一発で変換された)だそうだ。


昔の電話昔の電話。大隈重信の声が聞こえる。
大隈重信って、佐賀出身なのですよ。私のピアノの師匠宅の裏に、生家があった。幕末から明治に書けて、佐賀から政治関係の有名人がけっこう出ているのだ。

展示をすべて見て、クイズラリーも終了。商品には知恵の輪をもらった。
※知恵の輪って本当にはずせるの? はずせる自分が想像できない…。今回もらったものははずし方の図説がついていたので、いつかやってみようっと。


バーバパパ佐賀県で、観光地を回るスタンプラリーをやっているようで、この資料館もそのひとつらしい。キャラクターのバーバパパがいた。握手。
資料館で買ってもらったおせんべい(小麦粉でできた甘いタイプのやつ)で、車内でおやつ。
そして、やっと実家に到着。ふはー。



もう夕方だ。早いなあ。私はちょっっっっっっっっっっっっとだけ晩ごはんのしたくを手伝ったけれど、ダラダラ。ふひ~。娘は夫と一緒に絵を描いていた。紙芝居を作るとか???
晩ごはん後、その紙芝居をご披露。よく、絵本を見たりしながら作り話を語っている娘だが…

「保育園が雷で停電になって、みんな大泣き。が、ひとりだけ泣いていない男の子がいた。その子は雷と握手をしたいと言う。すると先生がロケットを貸してくれた。
ロケットで空に行き、雷と握手して、雷の世界で不思議な動物を見せてもらう男の子。
保育園に帰ってそんな話をしたら、他のお友達も雷が怖くなりました…」

とかなんとかいうお話。だったと思う。ちょっと違うかもしれないけど。

紙芝居紙芝居


びっくり。
天才か?!(←親バカバカ母)


ところで晩ごはんはローストビーフだったのだが、中までしっかり焼けているお肉…。実は数日前から冷蔵庫の調子が悪く、普段は1、2℃と表示されている庫内のはずが、7℃→8℃→9℃と上がっていき、ついに「H」と…。で、生では心配だから芯まで焼いたというわけだ。よりにもよって真夏の、そして一家三人が押しかけた時に、なんてこと。あららら。


去年の海
2007/8/13「里帰り2 マリンワールド」

            
                                  

コメント