fc2ブログ

Article

        

下駄のお礼状+ノベルティーブックカバー完成

2008/ 07/ 20
                 
手紙下駄で図書館やヨーカドーに行った、先週日曜日の話の続き。その後、一旦夫は帰ってきた。娘はもちろん大喜び。そして、「あ、お手紙書かなきゃ」 おばあちゃんに、下駄のお礼を書くべしといっておいていたのである。というわけで、書き出した。
            

分からない字はアンチョコを見て…。先日、保育園からひらがな表をもらってきていた。それを身ながらずんずん書いていた。書き順などはめちゃくちゃ。たとえば「あ」の三画目はおしりのほうから書いていたし(それはそれですごいかも)。でもずいぶんしっかり形を見ているもんだ。
とりあえず今は読み書きできなくていいんだからね!というわけで、教え込むつもりはやっぱりございません。本は読んじゃいかんよ、見るだけだよ…
で、書いた手紙。

げたありがとおう
おれいにおとうさんがそちらへいってしごとをたくさん
します

解説:
「ありがとう」は最後が「う」ということを言ったら、このように。
「お礼に…どうしよう」と聞かれたので、「父ちゃんが働くって」と言ったらこのように…すみません。

夫はやがて、再び教室へ。そんなわけでこんなことをしたり、そしてまた私がダラダラしていたらすっかり遅くなり…ああああ、またまた寝るのが遅くなってしまったー。いかんー。でもダラダラ…。ふひー…。

ブックカバーというわけで、ダラダラとあっというまに一週間。
でもなんとかノベルティーブックカバーは完成! おおおおお…!! なんとかなった~。
ただ、途中できれいにできるやりかたを思いついたので、始めの方はいまいちなでき…。5枚…10枚弱ぐらい…? というわけで当たりはずれが出てしまった。何枚かは補正して(でも、きれいなのにくらべたらやっぱりいまいち)、ちょっとこれはまずいなーというものをはずして、最終的には65枚ほど。
ビニールケース(堅めのビニール袋?)に入れたら、ちょと立派に見えるではないですか。ほほほほ。
いやー、よかったよかった。ラベルが無駄にならずにすんだ…ほんとに。まったく。

ちなみに、もちろんほとんど朝に作ったのだが、あとは夫が娘の相手をしてくれている間(夫にとっては、練習時間の合間?)縫ったり、娘に「じゃあ、母ちゃんは寝るしたくしてくるからね~」と2階へパジャマを取りに行くふりをして、ちょろっと縫ったり。
一度は、娘とうまく遊べず、娘が、お母さんがどうのこうのしたからうまくいかなかったとかそういうことを言いだしたのを「しめた!」と…「じゃあ、お母さんはもうしないから」と、そのままミシン部屋へ。ふふふ。
そうやって隙を狙って作ったシロモノでございます。お粗末様です。
でもなんとなく、前回の巾着よりは作りやすかった、先が見えやすかった、という気がする。どっちが手間がかかっているかという話ではなく。実際にどちらが手間がかかるのかは、よく分からない。

なんとか終わったから言えることだが、いやー、やっぱりモノ作りは楽しいなあ。


さて、本日はついにズーラシアンブラスのコンサートへ! 娘と二人、どうなるかなー。
というわけできのうは思いっきりダラダラしていた。ほんっっと。本番前なのに、父ちゃん、いろいろごめん。すまん。ごめんねー。

            
                                  

コメント